So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

モンセフ民主機構大臣、保守党の質問攻めを余裕の笑顔でかわす [自由党]

original.jpg

 マリヤム・モンセフ民主機構大臣は、当選1回・若干30歳で入閣した、トルドー内閣では最年少の(カナダ史上4番目に若い)大臣である。彼女は今週、下院で野党保守党から質問攻めに遭い、言質を取られそうになり保守党議員団から喝采を浴びたが、笑顔で「ありがとう」と答える余裕を見せた。
 保守党のスコット・リード議員は12月7日、過去15年間にブリティッシュコロンビア・オンタリオ・プリンスエドワード島が選挙改革に関する住民投票を実施したが、いずれも否決されたという事実を引用したうえで、トルドー政権は住民投票を実施するつもりがあるかと問いただした。モンセフ民主機構大臣は、政府は、この国の民主主義の歴史を変える話し合いを持つことで国民に配慮すると答えた。
 すると保守党のブレイク・リチャーズ議員は翌日、「選挙改革に関する協議が行われ、新しい選挙制度が構築されたあと、政府はその新しいシステムに関して住民投票を実施するのか、はいかいいえで答えて下さい」と迫った。
 モンセフ民主機構大臣は、用心深く「私はその協議の結果を、住民投票にゆだねることによって阻害するつもりはない」と答え、自由党議員団から拍手された。
 するとリチャーズ議員は、なおも言質を取ろうと「カナダ人には、どのように統治され、我々の選挙がどのように行われるべきかを住民投票で決める能力がないと主張するのか」「この問題に関して住民投票を実施するには、カナダ人はまだ未熟だというのか、はいかいいえで答えて下さい」と食い下がった。
 モンセフ民主機構大臣が「この国の国民は、民主的な機関と同様に重要に、考慮されるのが当然だ」と回答すると、保守党議員団は立ち上がって歓呼した。大臣は「ありがとう。素晴らしい」と言って余裕の笑みを浮かべた。そして今年10月の総選挙が、現行の小選挙区制による最後のものになることを、自由党政権は明確にしていると語った。

 モンセフ民主機構大臣は、アフガニスタンのヘラートに生まれた。子供のころ、父親はイランとの国境付近で捕らえられ、二度と帰らなかった。彼女のおじは反共運動に加担していたが、バスの中での会話を通報され、大学寮から拉致されて二度と戻らなかった。母は生活のため家で英語を教えたが、タリバン政権は女性の勉学を好まなかったので、一家は迫害から逃れるためアフガニスタンとイランの国境を往復する生活に入った。だがイランでの生活は不法滞在であり、文化的な違いもありそこでの生活も安住できるものではなかった。
 一家は1996年、おじが暮らすカナダに難民として移住することを決意する。カナダへの旅は、イラン・パキスタン・ヨルダンをロバやラクダで経由するものだった。
 一家はカナダで、フードバンク、救世軍、ニューカナディアンセンター、カサ・マリア難民ホームズ、YWCAの援助を受けた。彼女は今も、カサ・マリアとYWCAで働いているという。
「ボランティアや近所の人々は、私たちの生活に入ってきて、私たちが寂しくないよう、私たちがコミュニティに入り、そこに属するように、気を使ってくれた。20年後の今も、優しさはなお私の心のうちにある。そして下院議員として、私の任務を通してその一部をお返しすることができたらと望んでいる。」
 2014年、オンタリオ州のピーターボロー市長選に立候補して落選したが、2015年には連邦議会総選挙に立候補し、7万件の家庭を訪問する選挙戦の後に、当選を果たした。だが何より彼女を驚かせたのは、当選1回・若干30歳で民主機構大臣のポストを提示されたことだった。彼女はインタビューで、上院改革よりむしろ、賃金の平等、女性に対する暴力などの女性問題について熱心に語ったように見えた。
「民主制度下で暮らしていることは、恩恵なのです。」


写真:保守党議員団からの喝采に笑顔で応えるマリヤム・モンセフ民主機構大臣。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0