So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

カナダ人ヘンダーソンが大相撲入門 [スポーツ]

PK2015020802100026_size0.jpg カナダ人ブロディ・ヘンダーソン(19歳)の錦戸部屋入門が、2月7日に決まった。カナダ人の力士は琴天山(元・琴天太、本名ジョン・テンタ、ブリティッシュコロンビア州サーレー出身)以来30年ぶり2人目で、金髪の力士は全世界で初めてとなる。
 相撲部屋には外国出身力士は1部屋1人の制限があるため、ブロディは外国出身力士がいない12部屋へプロフィールと自己推薦文を、大砂嵐を仲介したガニング・ジョン氏(NHK大相撲中継の副音声解説などを担当)を通じ送付した。6日夜に来日し、翌日KONISHIKI(元大関小錦)さんの紹介で、東京都墨田区の錦戸部屋を訪問。面接だけの予定だったが、まわしを持参していたためそのまま稽古に参加した。時差ぼけをものともせず汗を流す姿に、錦戸親方(元・水戸泉)が即入門を許可した。
 錦戸親方は「外国出身の力士はもういいかなと思っていたけれど、会って接するとひた向きさを感じました。何と言ってもやる気がありますから。会ったのは初めてだけど、どのくらい気持ちがあるのか伝わりますよね。素直で一生懸命だし。突っ張りを覚えたら面白い。相撲協会の面接を受けて春場所の入門を目指したいですね」と話した。
 ヘンダーソンは「日本で相撲をするのが目標だった。光栄です。家族のためにも自分のベストを尽くします」と興奮気味に語った。

 ヘンダーソンはブリティッシュコロンビア州ビクトリア出身、身長201センチ・体重160キロ。幼少期からアメフト・ラクロス・アイスホッケー・柔道などさまざまなスポーツを経験している。15歳のときYoutubeで見た大相撲に感動し、アメフトでの大学進学も断り、角界入りを夢見て自宅で稽古を重ねた。2014年9月の第14回米国相撲オープンでは、8連覇した元幕下大翔地(モンゴル出身)を破って優勝するなど、その実力は証明済みだ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0