So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

クラーク首相にセクハラ発言のDJが解雇 [バンクーバーとBC]

premier_qp_screenshot.jpg

 ブリティッシュコロンビア州のクリスティー・クラーク首相へのインタビューで、卑猥な言辞を弄したDJが、1月10日に解雇された。
 Jet FMのジャスティン・ウィルカムズは2012年12月19日、クラーク首相に「リスナーの要望を代弁して」MILF(※Mother I'd Like to Fuckの意)でいてほしいと要望した。クラーク首相は笑いながら「MILFでいる方が、クーガー(※若い男を求めてうろつく年増女性のスラング)になるよりましね」と応じたが、首相報道官は後に「首相は内心ショックを受けていたが、会話を続けるためあのようなレスポンスになった」と発表した。
 ウィルカムズは、News 1130で「私は自分に期待されたことをしただけだ」と弁明した。ChristyClark-saywhat_WIN_0.jpg
 クラーク首相は2011年11月、胸の谷間を露出したVネックを着て州議会に出席し、物議をかもしている。


写真上:州議会で答弁するクリスティー・クラーク首相。
写真下:中国を訪問したクリスティー・クラーク首相。
動画:「Cカップ騒動」
http://www.youtube.com/watch?v=OoYRPcg9n_w
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0