So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ウィニペグにNHL戻る [スポーツ]

img_news.jpg カナダの企業トゥルー・ノース・スポーツ&エンターテイメントは5月31日、NHL(ナショナル・ホッケーリーグ)のアトランタ・スラッシャーズを1億7000万ドルで買収することに合意したと発表した。同社は、チームをマニトバ州ウィニペグに移転する意向を明らかにした。
 かつてこの地にあったウィニペグ・ジェッツが、1996年にフェニックスに移転してから15年、ウィニペグ市民はNHLチームを取り戻す努力を続けて来た。フェニックス・カイオーツと名を改めたチームが経営破綻したのを機に、カナダのいくつかの企業が買収交渉に乗り出したが、ウィニペグへのNHL誘致は、思わぬ形で実現した。チーム名は未定だが、「ジェッツ」の名称復活も噂されている。
 両社はすでに買収に合意したが、6月21日に開催されるNHL理事会の承認を得て正式に決定する。フランチャイズ移転には過半数の合意があるだけでよいが、買収には75%の承認が必要となる。なお来年にもリーグ再編成が行われるが、新しいチームは1年間、アトランタ・スラッシャーズの所属するイースタン・カンファレンスの南東地区に所属することになりそうだ。

 政治家になっていなければホッケー選手になっていたというハーパー首相は、カナダに7番目のフランチャイズ設置について、喜びの声明を発表した。
「全てのカナダ人を代表して、NHLがウィニペグに戻るという今日の知らせに、とても喜んでいる。ボビー・ハル、デイル・ハワチャック、ティーム・セラニのような伝説のウィニペグ・ジェッツ選手たちの思い出は、カナダ人の記憶にいまだ鮮烈に残っている。」
 ウィニペグ市長サム・カッツは、こう語った。
「それはかけがえのない、お金では計れないものだった。15年前を思い出してほしい。まるで誰かに胸を拳で突かれ、肋骨を突き破られ心臓をえぐり出されたような心境を。ジェッツがこの町を去った理由は、新しいアリーナを建設できなかったからだ。」
 ウィニペグの作家スティーブ・ランディンは小説“When She's Gone”のなかで、ジェッツを失ったマニトバのホッケーファンの精神的ダメージを描いている。

 ウィニペグには現在、バンクーバー・カナックスのファームチームでAHL(アメリカン・ホッケーリーグ)に属するマニトバ・ムースがあるが、オーナーであるトゥルー・ノース社は、これをニューファンドランド&ラブラドル州セントジョンズに移転する意向である。
 マニトバのホッケーファンはNHL誘致に歓喜しているが、懸案は多い。マニトバ・ムースのために2004年に建設されたMTSセンターは、座席数およそ1万5000で、NHLで最も小さい会場である。またウィニペグは人口76万2600人で、NHLのある30都市では最も小さい。現在は記録的なカナダドル高だからよいものの、カナダドルが安くなれば、チームは再び年俸の支払いに困ることになる。ジェッツが移転した理由は、ウィニペグにいては選手の給料を払えなかったからである。またウィニペグはカナダの都市の中で最も寒く、かつ退屈な町でもある。選手は契約上義務づけられていない限り、ウィニペグでプレーする義務はなく、高額の年俸を提示されればいつでもアメリカのチームに移籍するだろう。
friedcar10co_1284694cl-8.jpg

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

職務経歴書のダウンロード

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
by 職務経歴書のダウンロード (2013-12-09 11:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0