So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ベガスの女」が当選: 「オレンジ旋風」と杉村太蔵たち [2011年下院選]

images.jpg 投票日の一週間前に、有権者と握手(shake hands)もせずラスベガスでサイコロを振って(shake dice)いた「ベガスの女」、ルース・エレン・ブロソー候補(新民主党)が、ベルティエ-マスキノンジュ選挙区で40%の票を獲得し、当選した。予期せず当選したとき杉村太蔵はニートだったが、ルース・エレン・ブロソーはパブに勤める未婚の母であった。
 彼女はオタワの選挙対策本部で自分の当選を知り、衝撃を受けたという。そして5月6日、当選後初めての取材をトロワ・リビエールの新聞「ル・ヌベリスト」から受けた。取材は英語で行われた。
 彼女は、自分は長年の新民主党支持者であり、本来はジュリー・ドメール氏が立候補するはずだったが、ブラサ選挙区で立候補(落選)したため、急遽彼女が第二候補として選ばれたと説明した。そしてベルティエ-マスキノンジュ選挙区で、新民主党は4位より上位に行ったことがなく、当選することは全く予想してなかったので、選挙区には一度も入らなかったと認めた。
「私の立候補は、ただの名義上のもので、それ以上のものではありませんでした。」
 4月26日が彼女の誕生日で、かなり前からパブのマネージャーに休暇を申請しラスベガスへ旅行に行く計画を立てていたところ、突如解散・総選挙が公示され、旅行をキャンセルすることができなかったという。
 また自分のフランス語は十分ではないが、父はフランコフォン(姓がフランス系)で、彼女自身も2年生までケベックの小学校に通ったと語った。

 「オレンジ旋風」はまた、史上最年少19歳の下院議員ピエール=リュク・デュソールを当選させた。彼は興奮してラジオのインタビューで「ケベック独立は必然的なものだ」と口走り、党幹部を慌てさせた。
 「長老議員たちは、新人議員たちを教育する必要がありそうだ」という指摘に対し、レイトン党首は「我々は若者たちをアフガニスタンに送っている。なぜ議会に送ってはいけないのか」と語り、新人議員たちを擁護した。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0