So-net無料ブログ作成

「スコットランドの一番長い日」:独立派はケベックから何を学んだか [欧州]

 9月18日に実施されたスコットランド独立を問う住民投票は、賛成46%・反対54%で否決された。

 スコットランドとケベックには、多くの類似点がある。ともに征服された歴史がある。左寄りで、福祉や環境への関心が強い。
 しかし両国には、相違点も多い。スコットランドはかつて独立国だったが、ケベックは独立国だったことがない。ケベックは残りのカナダと言語・文化が異なるが、スコットランドとイングランドはそうではない。スコットランドは人口・面積・経済規模も小さいが、ケベック州は面積最大の州で、人口と経済規模は2番目に大きい。スコットランドはブリテン島の北の端だが、ケベックはカナダの中央にある。ユーゴ解体で生まれた新興国やスコットランドは近くに国が多いが、独立したケベックには近くに国はアメリカとカナダしかなく、両国と対立する政策は絶対に採れない。

 スコットランド独立クルセーダーであるアレックス・サモンド首相は、ケベック独立を問う過去の住民投票を良く研究した。そこから彼は、失敗に終わったケベックの真似をしないことを学んだ。
 1995年の住民投票に敗れたジャック・パリゾー首相は、「金とエスニックのせいで負けた」と口走った。それは、「ケベック独立」が全てのケベック住民のものではなく、もっぱらフランス系住民のものだったという本音を正直に吐露したものだった。フランス系住民の多くは「イエス」に投票したが、アングロフォンとアロフォン(母語が英語でもフランス語でもない人)は「ノー」に投票した。そしてこのときを最後に、独立を問う住民投票は行われていない。2011年の前回連邦議会選挙でケベック連合が、そして2014年の前回ケベック州議会選挙でケベック党がそれぞれ壊滅的敗北を喫し、独立派は勢いを失っている。たとえ再び住民投票を行うことがあったとしても、それがフランス系住民のためのものであり続けるかぎり、非フランス系は反対し続け、独立が達成されることはないだろう。
 サモンド首相はこの経験に学び、つとめて少数民族と接触した。スコットランド独立運動がケベック独立運動と決定的に異なるのは、後者が極めて民族主義的であるということである。ところがスコットランド独立運動は、自分たちの政治・自分たちの資源の使い方は、ロンドンではなく自分たち住民が決めるべきだという、住民自治の発想に基づいている。それゆえスコットランド在住イングランド人の間にも、関心が高いのだ。「異民族」を排除しようとしたパリゾー首相は、即日辞任を余儀なくされた。
 今回設問をシンプルにしたことは、相違点の一つである。1980年住民投票では、非常に長く難解な用語を並べたうえで、「主権・連合」論の是非を具体的に問うた。

“Le Gouvernement du Québec a fait connaître sa proposition d’en arriver, avec le reste du Canada, à une nouvelle entente fondée sur le principe de l’égalité des peuples ; cette entente permettrait au Québec d'acquérir le pouvoir exclusif de faire ses lois, de percevoir ses impôts et d’établir ses relations extérieures, ce qui est la souveraineté, et, en même temps, de maintenir avec le Canada une association économique comportant l’utilisation de la même monnaie ; aucun changement de statut politique résultant de ces négociations ne sera réalisé sans l’accord de la population lors d’un autre référendum ; en conséquence, accordez-vous au Gouvernement du Québec le mandat de négocier l’entente proposée entre le Québec et le Canada?”(筆者訳:ケベック州政府は、国家としての平等に則り、それ以外のカナダとの新しい協定について交渉するという提案を発表する。その協定は法律を制定し、税を課し、諸外国との関係を構築する独占的な権限―換言すれば主権―をケベックに与える。また同時に、カナダとの間に通貨を含む経済的連合関係を継続する。これらの交渉から生じるどのような政治的変化も、別途行われる住民投票の承認を経て実行されるに過ぎない。これらの条件においてあなたは、提案された協定についてカナダと交渉することをケベック州政府に委託しますか?)

 問われているのは、具体的な「主権・連合」論である。ケベック独立論には様々なバリエーションがあるが、独立を問う1980年と1995年の二度の住民投票では、この「主権・連合」論の是非が問われた。「主権・連合」論とは、主権国家であるケベックが、残りのカナダと経済的パートナーシップを結ぶという、ECをモデルにした構想である。今日ケベックには、「主権・連合」論以外の独立論は事実上存在しないと考えてよいし、ケベックでは「独立派」とは呼ばず「主権派」という呼称が用いられる。
 サモンド首相は、スコットランド独立を問う住民投票では、極めてシンプルな設問を用意した。

“Should Scotland be an independent country?”(スコットランドは独立国となるべきですか?)

 サモンド首相は、「残りのイギリス」との通貨同盟について明言はしたものの、設問ではそれに触れていない。それゆえ彼は、通貨問題について投票結果に拘束されることがなく、フリーハンドを保持していることになる。
 だがサモンド首相ら独立派は、イギリス政府の「ポンド使用拒否」に発言に遭い、通貨問題について明確なロードマップを提示できなかったばかりか、住民を経済的不安に陥れることになった。スコットランド独立派は、ケベック主権派と異なり、経済の先行きについて具体的に明示することができなかったのだ。短く単純な設問は投票率を上げることには成功したものの、その内容を具体化することには失敗したのだった。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

リチャード三世の遺骨鑑定、カナダ人男性のDNAが決め手に [欧州]

 2012年8月にイングランドのレスターで発掘された遺骨は、イングランド王リチャード三世のものと2月4日に発表された。特定する決め手になったのは、リチャード三世の姉の子孫に当たるカナダ出身の男性のDNAだった。

 歴史家のジョン・アシュダウン=ヒル博士は当初、リチャード三世の姉(ヨーク公リチャードの四女)マーガレット(ブルゴーニュ公シャルルの妃)の子孫の女性を探していた。ミトコンドリアDNAは、母から娘に受け継がれるからである。そして貴族の出生記録から女系を辿り、ついにカナダのオンタリオ州ロンドンに在住するジョイ・イブセンさん(故人)に辿り着いた。彼女はリチャード三世の姉(ヨーク公リチャードの次女)アンの、女系では15代目の子孫に当たる。
 ジョイさんはイングランドに生まれ、カナダのマギル大学で学び、そのままカナダに定住してノーム・イブセンさんと結婚した。彼女は生前、ウィリアム・ピット元首相と血縁関係がある可能性について家族に語ったことがあるが、王室については言及しなかったという。
 ジョイさんは、3人の息子を残した。(イングランドの)ロンドン在住のマイケルさん、バンクーバー島在住のレスリーさん、トロント在住のジェフさんは、それぞれDNAサンプルを提出した。そしてマイケルさんの提出したサンプルが、遺骨と完全に一致したのである。

 ジェフさんは語った。
「悪名高い王族の血を引いているなんて、愉快だね。」
 ノームさんは、亡き妻を思い出してこう述懐した。
「亡き妻にとっては大きな意味がある。妻は王制支持者だったからね。」
ibsen_family_jpg_size_xxlarge_promo.jpg



写真:ありし日のイブセン家の写真。右からマイケルさん、ノームさん、故ジョイさん、レスリーさん、ジェフさん。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

カナダ人をイタリアの副大臣に指名-実は人違い [欧州]

0324e1c34f7cb3be2a2c1be52d39.jpg ゲルフ大学商学部のフランチェスコ・ブラガ教授は、11月28日にイタリアの新聞社サイトを見ていたとき、イタリアのマリオ・モンティ首相が自分を農務副大臣に指名したというニュースを見つけて仰天した。彼は思わず妻を呼んだが、彼女は「それはきっと別の人よ」と笑いながら言った。彼が故郷イタリアを後にしたのは、もう28年も前のことだった。
 ところが翌朝、イタリア農務省から電子メールが届いた。そこには、すぐに電話するようにと書かれていた。そのころになると、イタリアの新聞社サイトが「ゲルフ大学でアグリビジネスを教えるイタリア系カナダ人」としてブラガ新副大臣の写真と、マリオ・カタニア新農務大臣の「面識はないが、彼の評判については聞いている」というコメントを掲載した。すると膨大な数の電子メールが、いっせいにブラガ教授のもとに送られた。友人たちからも「おめでとう。力になるよ」と励まされた。それから彼は、イタリアのあらゆるメディアのインタビューを受けた。彼はここに至り、入閣要請を受け容れようと思い始めた。
 イタリア国籍を持つカナダ市民には、イタリアの参政権があり、過去に2人のカナダ市民がイタリアの議員に当選している。

 ところが30日になって、イタリア首相官邸から電話で、入閣の話は間違いだったと告げられた。農務副大臣に指名されたのは、サピエンツァ大学で土木工学を教えるフランコ・ブラガ教授だったのである。
 イタリア首相官邸はその後、短い声明を発表した。
「新農務副大臣は、近日中に任命される。全てはあるべきとおりに進行している。」



【参照】 イタリア総選挙でカナダ人当選
http://blog.so-net.ne.jp/canadian_history/2006-04-21
写真:フランチェスコ・ブラガ教授。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

王位継承法改正へ、長子優先に [欧州]

 オーストラリアのパースで開催されている英連邦首脳会議で10月28日、エリザベス二世を君主とする16の加盟国首脳が、王位継承について男女の格差を撤廃することに合意した。16の加盟国議会が全て同意すれば、今後は性に関係なく王の長子が王位を継承することになる。また加盟国首脳は同時に、王がカトリック教徒と結婚するのを禁止した条文の撤廃にも合意した。

 1701年王位継承法は、王の息子のうちで最年長の者が優先的に王位を継承すると定めているが、今回の改正は、今年4月に結婚したケンブリッジ公ウィリアム王子とキャサリン妃の人気が高いことに由来している。現在の継承法では、公夫妻に男子が生まれなかった場合、王位は別の系統に継承されてしまうことから、性に関係なく公夫妻の子に継承させたいという要望を受けたものである。イギリスのキャメロン首相は、英連邦会議開催に先立ち、全ての加盟国首脳に手紙を送り、改正の意図について説明し、支持を求めた。

 カナダのハーパー首相は「これらの改正は、女性とカトリックに対する時代遅れの差別を是正するという、全員一致の一般的な合意があった」と語った。また、ハーパー首相に随行したCTVのリチャード・マダンは「54の加盟国中40か国には、いまだ同性愛を刑事犯罪とする規定がある。これも見直されるべきだ」と語った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ジュノー・ビーチの風力発電所建設計画に異議 [欧州]

 340名のカナダ兵が戦死した第二次大戦の激戦地、ノルマンディのジュノー・ビーチに、フランス政府が風力発電所を建設する計画を立てている。それは海岸から10キロの位置に、高さ150メートルの巨大なプロペラを100機ほど建設する計画である。
 ジュノー・ビーチで戦ったロイ・エディ少佐(87歳)は「それは、戦死した何百人もの兵士たちの聖域をけがすようなものだ」と怒りを隠さない。
 計画に反対する市民団体のジャン=ルイ・ビュートレ代表は「政府が風力発電所を建設するならば、そのようなことは尊重していないということだ。それは、フランスが世界に向けて重大な誤りを晒すことになる」と警告した。
 しかし、皆がフランスの計画に反対しているというわけではない。92歳の退役軍人、ジュノー・ビーチセンター協会のガース・ウェッブ代表は「私は特に問題ないと思う。今は21世紀で、この種の問題と折り合って行かなければならない」と述べた。
 新民主党のピーター・ストファー議員は、計画を実行する前に、フランス政府がカナダ政府や退役軍人団体と相談することを望むと語った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域