So-net無料ブログ作成

タリバンに誘拐されたカナダ人ジャーナリスト、動画で救出を訴える [中東]

2644022 2008年11月タリバンに誘拐されたフリー・ジャーナリスト、ビバリー・ギースブレヒト(カディジャ・アブドル・カハール)さん(52)が、3月までに身代金が支払われなければ処刑されると訴える動画が3月19日、インターネット上で発見された。

 動画はコーランを引用する声で始まっている。
「私は、この動画を作るよう依頼されました。見ての通り、私は殺されようとしており、時間がありません。」
と言って彼女は、背後の壁に固定された短剣が頭に向けられているのを指す。
「私はおそらく今月末、ポーランドの技術者のように首を斬られるでしょう。期限は3月の終わりまでで、18日か、16日でしょうか。どれくらいの期間なのかつまびらかではありませんが、時間がありません。私の人生は終わろうとしています。私は誰かの、何らかの助けを必要としています。パキスタン政府と私の祖国は私を救出すべきです。家に帰りたいです。この人たちは本気です。どうか助けて下さい。」

 ウェスト・バンクーバーに暮らすギースブレヒトさんは、2001年9月11日の同時多発テロの後イスラム教に改宗し、カディジャ・アブドル・カハールを名乗っている。彼女が2002年に開設したウェブサイト「JihadUnspun.com」は、西側の大手メディアで取り上げられないムスリム側の視点から報道するとしているが、一般にはアメリカの外交政策に批判的なヘイトサイトと見られている。
 彼女は2008年11月11日、タリバンを取材するためパキスタンを訪れ、バンヌー地区で通訳と運転手とともに拘束された。タリバンは3月初めに37万5000米ドルの身代金を要求している。だがカナダ外務省のリサ・モネットは、最新の動画については知っているが、それ以外はコメントできないと語った。
 ギースブレヒトさんが誘拐された北ワジリスタンに住むムハンマド・ノール氏は、タリバンは金に困っているので彼女を誘拐したのではないかと語った。
「彼らは身代金をもらえば彼女を解放すると思う。彼女の生命を救うためなら、身代金は高価ではない。金銭要求は、受け容れられるべきだ。」

 カナダやアメリカの掲示板サイトでは、イスラム原理主義者を賞賛するニュースを製作するため危険な地域に進入し、イスラム原理主義者に誘拐されたギースブレヒトさんを非難する声が上がっている。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

国連のイスラエル非難決議にカナダのみ反対 [中東]

 パレスチナ自治区ガザにおける、イスラエル軍によるイスラム原理主義組織ハマス掃討作戦に関する国連人権理事会の特別会合は1月12日、イスラエル非難決議を賛成33、反対1、棄権13で採択した。決議は、イスラエル軍の攻撃を「パレスチナ人への重大な人権侵害」と強く非難し、軍事行動の即時停止を求めるいっぽう、ハマスについては名指しせず軍事行動の停止を求める内容にとどまった。決議はさらに、人権理事会議長が任命する国際調査団を派遣し、イスラエルによる「あらゆる国際人権法・人道法違反を調査」させるとしたほか、ガザの国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)施設への攻撃で子どもを含む多数の民間人が死亡した事件の調査と、国連総会への報告を潘基文事務総長に求めた。
 決議案はアラブ・アフリカ諸国やイスラム諸国会議機構(OIC)を代表してエジプト、パキスタンなどが共同提案し、全会一致を目指してEUなどと調整を続けたが、不調に終わり投票に持ち込まれた。
 賛成したのはアラブ諸国、ロシア、中国、ブラジルなど。アラブ諸国は「より強いメッセージが必要だ」と主張し、停戦を求めた安保理での決議後も続くイスラエルによる軍事行動に強い不満を表明した。棄権したのは日本、韓国、ヨーロッパ諸国など。決議案はイスラエルとハマスのバランスが取れていないと判断した。反対したのはカナダ一国にとどまった。なおアメリカは理事会の公平性に疑義があるとして、理事を辞退している。

 カナダ代表マリウス・グリニアスは決議について、「イスラエルは人道主義の危機を招いた」という文言が不必要かつ扇動的だと指摘し、イスラエルへのハマスのロケット弾攻撃が危機を誘発したという文言を追加することに失敗したと語った。
 ポール・ハインベッカー前国連大使は、今のカナダは伝統的な中立外交路線から逸脱していると指摘した。
カナダ・イスラム会議のジジャド・デリク氏は、「今こそガザとイスラエルの罪もない人々が保護されるべき時だ」という声明を発表した。
 保守党を支持するユダヤ人組織「ブナイ・ブリス」のフランク・ディマント副会長は、対立を惹き起こしたハマスの役割に言及しない決議はひねくれたものだと語った。
 外務省は「決議は、今日の危機を惹き起こしたハマスによるイスラエルへの継続的なロケット弾攻撃に言及せず、国家の合法的権利である自衛権についても無視している。カナダは、現在進行中の対立について懸念しており、持続可能な停戦を即時に実現するためのあらゆる外交的努力を続けていく。しかし停戦を実現するために、まずハマスはロケット弾攻撃を中止しなければならない」と発表した。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る