So-net無料ブログ作成

幹部会でマルケア降ろしの動き [新民主党]

 新民主党は9月13日と14日、モントリオールで幹部会を召集する。そこでは減少している政治献金や、落ち込んでいる支持率などについて話し合われることになっているが、何人かの議員や元議員の間に、マルケア党首を引きずり降ろすクーデター計画があると報じられている。
 マリット・スティルス理事長は何人かの人々から、マルケア党首は即時退任すべきだと聞かされた。彼らは、マルケア党首には士気が感じられないと漏らしたという。
 一時は世論調査でトップに立ったにもかかわらず、新民主党は2015年10月の総選挙に敗れた。マルケア党首は、2016年4月の党大会で不信任され退任することが決まったが、2017年秋の党首選で新しい党首が選出されるまで職に留まると表明していた。
 マルケア党首自身は、そのような意見は全く聞いていないと言う。また彼の支持者も、ごくわずかの煽動者がいるだけで、愚痴以上の何物でもないと主張する。
 ハンス・マロット副理事長は、マルケア党首の即時退任を望む意見は聞いたことがなく、せいぜい2・3人ではないかと考えているが、懸念がないわけではない。
「事件はしばしば、2人か3人か、せいぜい5人くらいが『彼はもうダメなんじゃないか』と言い出し、それからある種のスパイラルが起きて、人々が『そうだね、たぶんそうだね』と言うようになり、そして事件は起きるのだ。」
 マルケア党首はかつて実際に、自分への支持について決定的に誤解していた。彼は「私は、幹部会の誰かが私のリーダーシップに公然と挑むとは聞いていていない」と語っていた。
 党首選立候補の受付は7月2日で、立候補を表明した人はまだ誰もいない。マルケア党首を引きずり降ろせたとしても、その跡を継ぐ暫定党首が誰なのかは、全く見えていない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る