So-net無料ブログ作成

ディノボ州議、「非公式」の立候補を宣言 [新民主党]

 新民主党党首選はまだ始まっていないが、マルケア降ろしの口火を切ったシェリ・ディノボ州議(オンタリオ州)は6月7日、「非公式の」候補となることを宣言した。党首選に立候補するには3万ドルの登録料を支払う必要があるが、彼女はこれを「民主主義の障壁」と呼び、支払うつもりはないと言う。
「私は、私のためにではなく新民主党のために、地位のためではなく主義のために戦う。」
「お金はどんな形であれ、民主主義・社会主義の党の障壁であってはならない。」
 彼女は、4月の党大会でマルケア党首が不信任されたとき、党内草の根によってなされた決定が、社会主義の原則を再確認し地球温暖化に立ち向かうため、党を新たな軌道に導いて行くように感じられたので、党首の地位に特別興味を持つことはなかったと語った。しかし党はその後、そうはならなかったという。
 彼女の言う原則とは、地球温暖化防止、同一労働同一賃金、LGBTQ2Sと女性と労働者の権利擁護、先住民・少数民族のための正義の実行、生涯教育の充実、健康保険への扶助、安価な住宅供給、社会保険と年金増額、障害者へのより手厚い扶助のことであり、彼女は今後もこれらを推進してゆくのだという。そして、民主主義かつ社会主義の原則を支持するより強い候補が出馬するなら、彼女は出馬を取り下げる用意があると語った。
 彼女は、2018年に予定されている州議会選挙に出馬しないことを表明しているが、2019年までに実施される連邦議会選挙への出馬は否定していない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0