So-net無料ブログ作成

マルケア党首、辞任する意向なし [新民主党]

 総選挙の開票が始まると、新民主党はミーガン・レスリー副党首、ジャック・ハリス議員、ピーター・ストファー議員らの大物が次々と落選し、自由党の勢いが圧倒的であることがわかった。それでも東部は自由党の地盤であり、新民主党はケベックの開票が始まれば何とかなるだろう、何とか野党第一党には留まれるだろうと考えていた。
 だがケベックでの成績も、78議席中16議席と惨憺たるものであった。ケベックに築いた強固な基盤は跡形もなく、オンタリオの開票が始まる前に彼らが野党第2党の定位置に戻ることは明白となった。
 自由党は単独過半数を獲得し、あらゆる法案を単独で成立させることができる。新民主党には連立の申し込みもなければ、握るキャスティング・ボートもない。

 トルドー党首が高額所得者への増税、赤字予算を覚悟のインフラ投資、児童手当、マリファナ合法化など「最も革新的」な政策を掲げたのに対し、マルケア党首の説く均衡財政は、ひどく保守的に見えた。
 トルドー党首はこう訴えた。
「ハーパー首相はあなたを助けない。そしてマルケア党首はハーパー首相の予算に同意したので、あなたを助けられない。」
 彼の訴えは、ニカブ問題よりも効果的に新民主党を蝕んだ。「左で選挙を戦い、右で統治する」と言われた自由党は、「政権交代可能な建設的野党」の新民主党より、ずっと左寄りで大胆な政策を掲げており、「新民主党と自由党が入れ替わった」とさえ言われた。

 旧二大政党である自由党と保守党は、総選挙に2度敗れると党首は引きずり下ろされる。だが新民主党は万年野党だから、総選挙に敗北しても責任を取らされることはなかった。マルケア党首は現在、総選挙敗北の原因を究明するレポートを作成させているが、総選挙についてこう総括した。
「私は、党の歴史上2番目に強い議員団とともにここに留まる。」
 政権奪取の夢は打ち砕かれたが、新民主党にはまだ44人の議員団がおり、それは党の歴史上2番目の成績である。うちケベック議員団は16人で党内最大勢力となっているから、マルケア党首が下ろされる心配はなさそうだ。
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 5

札幌の一市民

いつも勉強させていただいています。ちなみに自由党の勝因と新民主党の敗因について取り上げたマスメディアのサイトありますか?
by 札幌の一市民 (2015-11-07 12:24) 

高橋幸二

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=1611536&page=1&id=78554252 の43に掲げた毎日新聞の記事が詳しいですね。今はサイトから消されています。この記事はニカブ問題について触れていません。
日本のメディアが詳しく書かないから、このブログの意味があるわけですが。

by 高橋幸二 (2015-11-07 12:59) 

高井吉人

NDPがケベックでかなりの議席を減らしながらも、ベガスガールことルースさんは再選を果たしたことに驚いています。2011年総選挙は、風に乗っただけでしたが、再選できた理由は何だったのでしょうか?
by 高井吉人 (2015-11-10 20:56) 

高橋幸二

ブロソーさんは、当選1回目ですでに非常な知名度を得ていて、幹部会の副議長もやっていました。
by 高橋幸二 (2015-11-10 21:35) 

高井吉人

いろいろとインターネットで調べてみると、ブロソーさんは、フランス語を勉強して、選挙区の人たちとの交流を深めたり、シングルマザーとして弱い者の立場を代表する等々、がんばっているみたいですね。ブロックケベッコワの候補と比較して、こういうキャラが新鮮で再選に繋がったのでは?
by 高井吉人 (2015-11-11 23:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0