So-net無料ブログ作成

ケベック連合のフォルタン議員が離党 [ケベック]

 ケベック連合のジャン=フランソワ・フォルタン議員は8月12日、離党を発表した。彼は以下の声明を発表いた。
「私が信じていたケベック連合は、もはや存在しない。マルオ・ボリュー新党首は、一元的で非妥協的なアジェンダを押し付けている。彼は、独立派を結集ではなく、分断しているのだ。」
 4人しかいなかった同党議員は、党首選で誰一人としてボリュー氏を支持しなかった。彼らは当選したボリュー党首の下に、しぶしぶ従っているだけだという。
 2013年9月には、マリア・ムラニ議員がケベック価値憲章を批判して、ケベック連合を除名されている。彼女は同年12月、ケベック人のアイデンティティ擁護のためには「権利と自由のカナダ憲章」が有効であり、今後は独立を支持しないと発表して、人々を驚かせた。
 フォルタン議員は今後は無所属となり、ケベック連合議員は3人となる。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る